賢威カスタマイズ

賢威6.0『レスポンシブWebデザイン』対応

気が付けば、賢威テンプレートのバージョンも『6.0』のリリース待ちとなっています。

今回のバージョンアップでは、『レスポンシブWebデザイン』対応のテンプレートとなっています。

レスポンシブWebデザインって何?と言う方は以下のサイトで紹介されているので読んでみて下さいね。

簡単に言ってしまえば、PC向け、スマホ向け、タブレット向けに対応したサイトが、利用環境(PC、スマホ、タブレットなど)に合わせて見易く自動で表示されると言った感じですね。

賢威ユーザーの方は、サンプルサイトを確認出来るので、サポートページにアクセスして、『レスポンシブWebデザイン』に対応した賢威6.0で構築されたサンプルページを確認して見て下さい。

1カラム、2カラム、3カラムのサンプルページを確認する事が出来ます。

  • 賢威ユーザーのみサンプルページへアクセス&確認出来ます。

画像を見てもその機能は実感できませんので、賢威ユーザーはサンプルページにアクセスしてどんなものか確認して見て下さい。

賢威ユーザーでは無い方は、以下のサイトで対応したサイトをまとめているので参考に訪問して見ると良いですね。

ちなみに、対応したサンプルサイトは、スマホで確認しても良いし、『レスポンシブWebデザイン』=実際に自分のブラウザの横幅を狭くすれば、自動で見易いサイズに変更するので、スマホが無くてもその機能が確認出来ます。

 レスポンシブWEBデザイン対応の見え方

サンプルNHK(スタジオパーク)を適当にブラウザの幅を変更すると、表示される項目が自動で変化するのが確認出来ます。(以下は通常時:PC)

  nhk01

さらに、ブラウザの幅を狭くする(マウスでブラウザの幅を小さくする)と、上の画像と比べても、表示される項目が変わっているのが確認出来ます。

nhk02

さらに、幅を狭くすると、また違ったデザイン(幅)に変化します。この時他項目は、全て下に移動しているので、かなりサイトの表示縦幅が長くなります。

nhk03

参考サイトを動画で見る

通常は、ブラウザの幅を狭くすると、サイドメニューが隠れてしまいますが、レスポンシブWebデザインの場合、ブラウザの幅が狭くなる事で、サイドメニューの項目が、狭まったサイト幅に合わせて、自動でコンテンツの下に表示されます。

個人的に、メリットは、スマホ向けに専用サイトを作らなくて良い事や、WPの場合、プラグインなど使わなくても済むと言った感じですね。

デメリットとすれば、サイドメニュー項目も盛り込まれ、縦長になると言った感じですかね。

早く、レスポンシブWebデザインに対応した『賢威6.0』のリリースが待ち遠しいですね。

また、今後(賢威6.0リリース後)は、新しいドメインで賢威テーマのカスタマイズを紹介する予定で、ここは賢威5.0をメインに紹介します。

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ